(公財)愛知県サッカー協会審判委員会 活動報告
第12回飛騨古川フレッシュレフェリースクール活動報告
5/2〜5/5で、第12回飛騨古川フレッシュレフェリースクールを開催いたしました。
本スクールは、若手審判員(ユース、U-20、U-22、女子)の発掘及び育成の場としての位置づけの下、2004年から継続して開催している愛知県サッカー協会審判委員会の審判育成の基幹事業であり、卒業生の中からはJリーグ主審を務める者も誕生するなど、今や愛知県の上級審判員の登竜門となっています。今年も22名の審判員が参加し、17名のインストラクターが指導にあたりました。参加審判員は積極的に審判知識・技術の習得に努め、実技指導(102試合)を重ねる中で大いに成長した姿を見せてくれました。
2015年度飛騨古川FRS参加審判員
pagetop
CLOSE